2017新潟花火大会の日程とおすすめスポット最新情報

2017 新潟の花火大会最新口コミ情報です。穴場のスポットや地元の人だけが知っているレストラン、イベントの開催日などをご紹介。デートで盛り上がる場所や駐車場のチェックポイントなども満載!お祭り気分で花火を楽しんで今年の夏もガンガン盛り上がろう!

2017年 おぢやまつり大花火大会の最新情報と見どころ

小千谷市は、新潟県の真ん中よりやや下に位置し、へぎそばが有名なまち。

f:id:yottichan:20170723135216j:plain

画像出典:にいがた観光ナビ

毎年9月に開催される小千谷市片貝町での4尺玉の花火は世界一。

その小千谷で一足早く8月に花火大会があります。

小千谷には3大フェスティバルと呼ばれるイベントがあります。

 

  1. 2017年8月18日、19日、20日に開催予定のおぢやまつり
  2. 毎年9月9日・10日に行われる片貝まつり
  3. 平成30年2月24日~25日に開催予定の小千谷風船一揆

3つのうち、2つが花火大会というのもすごいですね。

花火のまち小千谷といってもいいんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

その打ち上げ数も、長岡まつり大花火大会に迫る勢いの7,000発が夜空を真っ赤に染めます。

2017年おぢやまつり大花火大会の概要

日時:2017年8月19日(土曜日)

時間:19:15~21:00(予定)

会場:信濃川旭橋下流左岸堤防

花火打上数:約7,000発

昨年の人出:約190,000人(お祭りを含む)

駐車場:無料 1,700台 

アクセス:JR小千谷駅から徒歩15分

関越道小千谷ICから車で5分

※駐車場からシャトルバス運行予定

問い合わせ先:小千谷観光協会 0258-83-3512 

備考:小雨決行。荒天時は2017年8月20日(日)に延期

打ち上げ場所

 

2015年のクライマックスのスターマイン動画

おぢやまつり大花火大会 おぢやまつりの見どころ

おぢやまつりは市民が中心となって3日間にわたって繰り広げる祭りです。1日目は大民踊流し、2日目はからくり万灯パレードと花火大会、3日目はからくり万灯パレードと盆踊り大会が行われます。

f:id:yottichan:20170724000653j:plain

画像出典:小千谷市観光協会

からくり万灯とは動く仕掛けを持つ万灯で、手作りの「からくり万灯」がお囃子にのって街中をパレードします。

巨大な「万灯みこし」を大勢の担ぎ手がかけ声を掛けながら街を練り歩き、さらにまつりを盛り上げます。

2日目の夜に開催される花火大会では市民総参加募金による県内屈指の1,000mの超ワイドベスビアススターマインを目当てに県内だけではなく、全国から花火ファンが訪れます。

3日目のパレードと盆踊り大会でおまつりはクライマックスです。

おぢやまつり大花火大会 有料席情報


至近距離で花火が打ち上がる川の花火大会として有名で、有料席も発売されます。

大会の目玉はフィナーレを飾る市民募金による超ワイド大スターマイン。

 

小千谷の夜空を鮮やかに染めるスターマインは圧巻です。

有料席は

テーブル席1セット15,000円(定員4名) ベンチシート1台4500円(定員3名) 階段席1人1,000円で、イープラスで販売中です。

おぢやまつり大花火大会 デートに誘う方法

片貝の花火大会のほうが全国的に有名ですが、このおぢやまつりの花火大会は、花火の打ち上げ数からいうと、新潟県内で4位!

 

f:id:yottichan:20170710005225j:plain

片貝の7,500発に次ぐ7,000発が打ち上げられます。

地元のお祭りの花火大会なので、小千谷市民の一体感があるお祭りです。

 

金曜日から日曜日の週末に行われるので、デートとしても最適。

長岡花火と違って、そんなに混まないので、下準備も不要。

 

おぢやの花火大会は隠れたファンも多く、彼女を誘うと喜ばれます。