2017新潟花火大会の日程とおすすめスポット最新情報

2017 新潟の花火大会最新口コミ情報です。穴場のスポットや地元の人だけが知っているレストラン、イベントの開催日などをご紹介。デートで盛り上がる場所や駐車場のチェックポイントなども満載!お祭り気分で花火を楽しんで今年の夏もガンガン盛り上がろう!

2017年 新潟まつり花火大会 席取りのマナーと駐車場情報

新潟まつりの花火大会は、52万人の来場者と長岡まつり大花火大会の半分なので、比較的、花火大会はゆっくりと見ることができます。

f:id:yottichan:20170720010915j:plain

それでも、新潟市の人口が80万人ということを考えると、一部のエリアに集中してしまうので、新潟まつり開催期間は、市街地や中心部は混雑します。

 

そこで無料席での席取りのマナーや有料駐車場情報をお伝えします。

 

有料席と無料席

有料席の応募は7月20日までです。

f:id:yottichan:20170720155139j:plain

 

新潟まつり有料席

マス席、イス・テーブル席、ブロック席など、5つのランク分けがあります。

 

また、有料席ではありませんが、新潟まつりの協賛をすると、1口5人まで、陸上競技場のスタンド席で花火が観覧できます。1口3,500円で8月4日までと募集期間も長く設定しています。

市民協賛募集

打ち上げ場所

6日の打ち上げ場所は、りゅーとぴあのすぐ側、やすらぎ堤の左岸です。

5日と6日では打ち上げ場所が少し変わります。

 

新潟まつり 無料席はどこ?

8月5日(土)の打ち上げ場所は

萬代橋~八千代橋間川中です。

 

http://niigata-matsuri.com/pdf/2017/traffic.pdf

 

f:id:yottichan:20170720011412j:plain

 

8月6日(日)の打ち上げ場所は昭和大橋西詰です。

 

f:id:yottichan:20170720011431j:plain

6日は、クライマックスのナイアガラ大瀑布が大人気です。

 

新潟まつり花火大会 概要

日時:2017年8月5日(土)~8月6日(日)

2017/08/05(土) 19:45~20:30(萬代橋~八千代橋間川中)

2017/08/06(日) 19:15~20:30(昭和大橋西詰)

花火打上数:非公開

昨年の人出:約54万人(最終日花火大会のみ)

駐車場:なし

アクセス:JR新潟駅から徒歩15分、JR白山駅から徒歩15分

問い合わせ先:025-226-2608 新潟まつり実行委員会(新潟市観光政策課内)

備考:荒天時は2017年8月6日(日)の花火のみ7日(月)に延期

交通アクセスと駐車場情報

新潟まつりは8月4日~5日のおまつりは万代や古町周辺が5日~6日の花火大会はやすらぎ堤や白山エリアの交通規制があります。

露天や夜店は白山エリアや、やすらぎ堤に集中しています。

 

駐車場の提供やシャトルバスでの送迎などは一切行わないため、公共交通機関での来場を呼びかけていますが、バスの便数も少ないため、ギューギュー詰めになります。

1度だけ、バスを利用して見に行ったことがありますが、行きはよくても帰りのバスが大変。バスの車内はクーラーが効いているのですが、人の熱気でムンムンしています。

花火大会を見た後に、あのバスには乗りたくないなあ、、、とここ数年は自転車で見に行っています。

 

近くの有料駐車場にとめて、打ち上げ場所近くまで歩いて行く人も多いですね。

その際、コインパーキングが便利なのですが、早く行かないと近いところから埋まってしまいます。

新潟まつり期間は、入場も制限するかもしれません。

新潟市西堀、上古町、白山エリアのコインパーキング情報です。

 

スペースアイ

スペースアイ 駐車場情報

オレンジ色のPマーク、よく見ますよね?

タイムズ

ブルーとイエローに黒と赤の文字のTimes。

「新潟市役所本館」の駐車場が近くて便利。

 

f:id:yottichan:20170720011913j:plain

新潟市中央区周辺の時間貸し駐車場 |タイムズ駐車場検索

↑で空き情報や料金を調べることができます。

タイムズクラブの会員になっておくと何かと便利です。駐車するたびポイントがたまるので、ポイントで支払いができたりレンタカーがお得に借りることができます。

 

三井リパーク

f:id:yottichan:20170720011929j:plain

「新潟県新潟市」の時間貸し駐車場検索結果一覧|三井のリパーク

↑で空き情報や料金を調べることができます。

 

新潟まつり花火大会 席取りのマナー

花火大会は土日なので、朝早くから一番前の場所にブルーシートを敷いて陣取っている人もいます。

f:id:yottichan:20170720013107j:plain

阿賀野ござれや花火大会など、場所取り時間が制限されている花火大会もありますが、新潟まつりの花火大会は、時間の制限等はありません。

見物客が大勢のわりには、範囲が広く、やすらぎ堤も整備されてゆったりと見ることができます。

しかし、少しでも前で見たいと思う人は、早朝から場所取りをしています。

そういう人に限って、花火が始まってしばらくしてから悠々と席取りした場所に来るんですよね(゚o゚;

 

はっきり言ってこれはマナー違反。

 

場所取りしてあるからゆっくり行っても大丈夫と思っているのでしょうが、前で見たいのはみんな同じ。

 

せめて、花火が始まるまでに席につくようにするのが、最低のルールというものです。

 

また、いくら場所が広くあるからといって、必要以上に広い場所を確保するのも見苦しいもの。

楽しく花火大会鑑賞ができるよう、マナーを守りましょう。