2017新潟花火大会の日程とおすすめスポット最新情報

2017 新潟の花火大会最新口コミ情報です。穴場のスポットや地元の人だけが知っているレストラン、イベントの開催日などをご紹介。デートで盛り上がる場所や駐車場のチェックポイントなども満載!お祭り気分で花火を楽しんで今年の夏もガンガン盛り上がろう!

2017年 寺泊港まつり海上大花火大会 夕日と花火が最高!おすすめ穴場スポット

寺泊港まつり海上大花火大会は、花火師さんのエネルギーを感じることができる全国でも数少ない海上花火大会。

 

f:id:yottichan:20170715233949j:plain

海面、海上の両方に花を咲かせる大スターマインなど、豪快な花火が海水浴場から見ることができます。

寺泊は、新潟県内の日本海夕日ライン300キロのなかで、もっとも夕日の絶景が多いところ。

 

海面に夕日が沈んだころ、その海面から海上に花咲く大スターマインに感動することでしょう。

 

f:id:yottichan:20170715234005j:plain

潮風を感じながら、彼氏、彼女と見たい花火大会のひとつです。

2017年 寺泊港まつり海上大花火大会の概要

日時:2017年8月7日(月)

時間:19:30~21:00

花火打上数:約5,000発

昨年の人出:約12万人

駐車場:無料 2,500台 

アクセス:R寺泊駅からタクシーで15分、JR長岡駅からタクシーで45分、北陸道中之島見附ICから車で40分

問い合わせ先: 0258-75-3363 寺泊観光協会

寺泊港まつり海上大花火大会 見どころ

打ち上げ場所

 

 

寺泊へのアクセス 東京から2時間30分!

 

関東から2時間30分で行けると聞くと、近いと感じませんか?

新幹線で東京―長岡間が1時間30分、長岡駅から寺泊まで、急行バスで1時間です。

 

 

寺泊港まつり海上大花火大会 おすすめ穴場スポット

平日ですが、夏休みシーズン中なので大勢の来場者でにぎわいます。

 

f:id:yottichan:20170715234038j:plain

画像出典:楽天ブログ

寺泊の花火大会は、全国でも数少ない海上の花火大会。

寺泊漁港の新鮮な魚介類を浜焼きで食べながら見る花火は格別ですよ!

打ち上げ場所の海面と、すぐ後ろに迫っている山のロケーションのよさで、2016年の観覧者は12万人と年々増えています。

寺泊港まつり海上大花火大会 駐車場は?

花火大会当日は、会場周辺を中心に2,500台分の無料の臨時駐車場が用意されます。

数多く確保されていますが、人気の花火大会なので、早めに行くことをおすすめします。

f:id:yottichan:20170715234150j:plain

駐車場のマップ。ご参考になさってくださいね。

 

夕日を見るならシーサイドライン

シーサイドラインは寺泊町野積と巻町角田浜を結ぶ13.9kmのドライブコース。

f:id:yottichan:20170715234253j:plain

海岸近くに車を止めて夕日を眺められるスポットもいっぱいあるので、新潟のデートコースになっています。

日本海の荒波の向こうに佐渡を眺めながらのドライブは最高。

すぐ裏手には角田山と弥彦山があり、観光地としても人気の高いところです。

寺泊の台所 魚のアメ横は新鮮な魚がいっぱい

新潟からシーサイドラインを通って寺泊に入ると、上野のアメ横か?という派手な看板がずらり。

f:id:yottichan:20170715234338j:plain

ここは寺泊のアメ横、通称「魚のアメ横」。ここでのおすすめは、イカの浜焼き。

イカに醤油をたらして焼いたもの。

 

時期であれば、ノドグロを焼いたものもあります。日本海のノドグロは脂がのっていて最高です。

 

食べてよし、買って良し、贈っても喜ばれる海産物の宝庫。

 

寺泊港まつり海上大花火大会は、新潟の自然と食を堪能できる花火大会です。