2017新潟花火大会の日程とおすすめスポット最新情報

2017 新潟の花火大会最新口コミ情報です。穴場のスポットや地元の人だけが知っているレストラン、イベントの開催日などをご紹介。デートで盛り上がる場所や駐車場のチェックポイントなども満載!お祭り気分で花火を楽しんで今年の夏もガンガン盛り上がろう!

2017年 川口まつり大花火大会の見どころと穴場スポット

川口というより「越後川口」といったほうが分かりやすいかもしれませんね。

f:id:yottichan:20170708232625j:plain

日本一長い信濃川と、清流魚野川が合流する地点で、超特大スターマインを観覧しに来ませんか?

2017年 川口まつり大花火大会の概要

日時:2017年7月29日(土)

時間:20:00~21:30

会場:長岡市東川口地内魚野川河川敷

花火打上数:約3,000発

昨年の人出:約8,800人

駐車場:70台 

アクセス:JR上越線「越後川口駅」より徒歩で5分

     関越自動車道「越後川口IC」より車で約7分

問い合わせ先:花火大会実行委員会/電話番号 0258-89-2213

備考:小雨決行、荒天の場合は翌日に順延

川口まつりって?

川口まつりは、絢爛・女みこしやえちご川口水合戦など見どころ満載。

子どもたちの勇壮な武者行列や、女みこしなどが二日間にわたり催されます。

f:id:yottichan:20170708233046j:plain

初日夜に開催される花火大会では、超特大スターマインの「エピセンタ(震央)」が披露され、河岸の観覧者からは拍手喝采。

 

「このエピセンタを見るだけに来た」という人もいるくらい。

 

信濃川と魚野川の合流地点で打ち上げる花火は、川幅を生かし迫力満点です。

2017年 川口まつり大花火大会 おすすめスポット

ちょうど夏休みシーズンなので、田舎の体験をしてみませんか?

 

越後川口では、やな場や、農家体験など、お子さんが喜びそうな施設があります。

 

新潟は川や山に恵まれているので、スキーシーズン以外にもさまざまな自然体験ができます。

越後川口やな場

やな場とは、川の中に木や竹ですのこ状の台を作った梁(やな)という構造物を設置し、 上流から泳いできた魚がかかるのを待つ漁を行う場所です。

f:id:yottichan:20170708233128j:plain

画像出典:見る・遊ぶ・体験する | カテゴリ | 川口観光協会

 

越後川口やな場→越後川口やな場 男山漁場

魚沼地方には、堀之内やな場もあり、人気のスポット。

 

豪快な水しぶきの中、清流魚野川の川魚がすのこの上でピチピチはねるのを捕まえるのは至難の業。

春はヤマメ、ハヤ、夏はアユ、マス、コイ、秋にはサケなどの川魚がとれます。

 

農家体験ができる木沢ハウス

f:id:yottichan:20170708233443j:plain

画像出典:www.localplace.jp

都会にいると便利なのが当たり前になってしまい、自然のありがたさや怖さを知る機会がありません。

 

新潟の花火大会を見るついでに、第二のふるさと気分をあじわえるのが川口にある木沢集落の農家民宿木沢ハウスです。

 

自然のなかで、人と人とのふれあいやコミュニケーションを体験でき、一生忘れられない良い思い出をつくることができます。

 

棚田でコシヒカリを育てるオーナー制度をはじめ、地元でとれた野菜など、さまざまなイベントを開催中。