2017新潟花火大会の日程とおすすめスポット最新情報

2017 新潟の花火大会最新口コミ情報です。穴場のスポットや地元の人だけが知っているレストラン、イベントの開催日などをご紹介。デートで盛り上がる場所や駐車場のチェックポイントなども満載!お祭り気分で花火を楽しんで今年の夏もガンガン盛り上がろう!

2017年南魚沼市兼続公まつり・大煙火大会の日程と見どころ

直江兼続といえば2009年のNHK大河「天地人」を思い出すのではないでしょうか。

その直江兼続の誕生した南魚沼で、お祭りと花火大会が開催されます。

f:id:yottichan:20170707233820j:plain

兼続公まつりは、2017年7月17日(月曜日)から19日(水曜日)まで3日間で、最終日のフィナーレに花火があがります。

樽みこしや兼続と姫の恋物語を謳ったゆかりの民謡「お六甚句」で踊るお六流しなど、南魚沼地域最大の夏祭り。

平日開催ですが、「天地人」で訪れた人が南魚沼のリピーターになって、お祭りも盛り上がっています。2016年の来場者数は15,000人でした。

2017年 南魚沼市兼続公まつり・大煙火大会の概要

日時 2017年7月19日(水曜日)

時間 19時30分~21時

会場 南魚沼市六日町地区魚野川河畔園

打上数 約2,000発

昨年の人出 約15,000人

駐車場 普通車:500台/大型車:30台

アクセス JR上越線「六日町駅」東口より徒歩で5分

関越自動車道「六日町IC」より車で5分

問い合わせ先 南魚沼市観光協会/電話:025-783-3377

2017年 南魚沼市兼続公まつり・大煙火大会の見どころ

2016年は大河に出演した村上新悟さんがゲストにいらっしゃいました。

「 天地人」が放送されたのが2009年だったので、兼続熱はクールダウンしつつあるものの、今年も大河に関係した誰かが来るのではないかと気にしている人も多いようです。

あの「天地人」が人気があったのは、三谷幸喜さんの演出の効果と、配役にあったのではないでしょうか。

その後、直江兼続の生誕の地である南魚沼を訪れる人が増え、観光にも大きな影響がありました。

いまだに天地人ファンが訪れていて、地元では「天地人ガイド」なる方が36名います。

名所旧跡を訪ね歩き、魚沼産のコシヒカリもぜひ食べてほしいですね。

f:id:yottichan:20170707233707j:plain

2017年 南魚沼市兼続公まつり・大煙火大会の打ち上げ場所

南魚沼スキー場が有名です。

この写真の山は、日本酒でも有名な八海山。

山々に囲まれたのどかなところです。

f:id:yottichan:20170707233846j:plain

田んぼと山とに囲まれた静かな場所で、魚野川河畔で打ち上げられます。

幅100mのナイアガラや、豪華な超特大スターマインの音が山々にこだまする演出は、このロケーションならではの迫力です。

↓ こちらは2016年のスターマインです。

南魚沼市兼続公まつり・大煙火大会へのアクセス

JR上越線「六日町駅」東口より徒歩で5分

関越自動車道「六日町IC」より車で5分 とアクセスがいいです。

新潟は駅から遠い場所で開催される花火大会が多いんですが、駅から徒歩5分なので、楽ちんです♪