2017新潟花火大会の日程とおすすめスポット最新情報

2017 新潟の花火大会最新口コミ情報です。穴場のスポットや地元の人だけが知っているレストラン、イベントの開催日などをご紹介。デートで盛り上がる場所や駐車場のチェックポイントなども満載!お祭り気分で花火を楽しんで今年の夏もガンガン盛り上がろう!

2017年弥彦燈籠まつり奉祝花火大会の見どころ

弥彦神社は新潟県西蒲原郡弥彦村にある全国でも有名なパワースポットの神社として知られています。

弥彦神社周辺は、水がきれいな海として知られる角田浜と弥彦山があり、海と山のパワーがこの弥彦神社に集まっているように思えます。

f:id:yottichan:20170707233148j:plain

地元では「おやひこさま」と呼ばれ親しまれています。

2017年弥彦花火大会の概要

日時:2017年7月25日(火)

時間:20:00~22:00

会場:新潟県西蒲原郡弥彦村 / 弥彦公園

花火打上数:約250発

昨年の人出:25,000人

駐車場:無料 2,000台 弥彦温泉内

アクセス:JR弥彦駅から徒歩5分、北陸道三条燕ICから車で25分

問い合わせ先: 弥彦観光協会/電話番号 0256-94-3154

弥彦燈籠まつりとは?

国の重要無形民俗文化財に指定されている、日本三大燈籠の一つ。

f:id:yottichan:20170707234133j:plain

臨時列車が出るほど人気のお祭りで、二日間に渡る古式にのっとった儀式は荘厳。

重要無形民俗文化財とは

衣食住、生業、信仰、年中行事などに関する風俗慣習、民俗芸能、民俗技術など、人々が日常生活の中で生み出し継承してきた無形の民俗文化財のうち、特に重要なものとして国が指定したものである。

 

彌彦神社に、約1000年前から伝わる燈籠神事として有名で、平日開催でも全国から大勢の人が訪れます。

10基あまりの大燈籠と数百の小田楽燈籠と花火の競演が見どころ。

2017年弥彦花火大会の見どころ

 

燈籠神事の大燈籠巡行に華を添える奉祝花火大会は、迫力満点のスターマインが最大の盛り上がり。

パワースポットの地で見るスターマインは神々しく感じます。

 

打ち上げ場所が近いのでより一層パワーを感じます。

2017年弥彦燈籠まつり奉祝花火大会 楽しみ方

弥彦燈籠まつりに訪れる人は、ほぼ100%、「おやひこさま」をお参りしますが、ただお参りするんじゃなくて、広い弥彦神社のなかを、探索してみてはいかがでしょうか?

何度か弥彦神社は訪れていますが、神社内を歩いていると、私のような霊感のカケラもない人間でも、何かを感じるときがあります。

弥彦神社の賛同迂回路がこちら。

f:id:yottichan:20170707232807j:plain

出典:http://imm-step.com/shrin01.html

13ヘクタールもあるので(東京ドームの約3倍)、ちゃんと見ると半日かかっても回りきれません。

迂回路をしっかり覚えないと迷子になること必至。

まずは、これは有名な壱の鳥居です。

f:id:yottichan:20170707233019j:plain

神社に入る前にここで一礼すると良いと言われています。

神社内には、めずらしいものがたくさんありますが、特に見てほしいのが「玉ノ橋」です。

f:id:yottichan:20170707233038j:plain

一の鳥居から歩いていくと、左側に御神橋である「玉ノ橋」が見えます。 なんだか変わった形だと思いませんか?

この玉ノ橋、人は渡ることはできません。隙間もないし、これは一体、何のためにつくったんだろうと思ったら、神様が渡る橋だそう。

お祭りがなくても、弥彦神社には県内外から、そのパワーにあやかろうとたくさんの人が訪れてにぎわっています。