2017新潟花火大会の日程とおすすめスポット最新情報

2017 新潟の花火大会最新口コミ情報です。穴場のスポットや地元の人だけが知っているレストラン、イベントの開催日などをご紹介。デートで盛り上がる場所や駐車場のチェックポイントなども満載!お祭り気分で花火を楽しんで今年の夏もガンガン盛り上がろう!

2017年 佐渡鉱山祭の花火大会 夏休み旅行で佐渡に来てっちゃ!

佐渡島というとどういうイメージが持たれるでしょうか?

f:id:yottichan:20170706222520j:plain

朱鷺や鼓動など、世界でも有名なものがたくさんあって、銀山は世界遺産登録を目指しています。

 

その佐渡の相川で夏休み初日7月22日~23日に鉱山祭・花火大会が開催されます。

 

日時:2017年7月23日(日)

時間:20時00分~21時00分

会場:相川春日崎(下記のマップ参照)

花火打上数:約500発

駐車場:臨時無料駐車場 500台

アクセス:両津港より車で45分

鉱山祭について

鉱山祭は、佐渡金山で労働していた人の慰安などを祈願して行われたのが始まりで、佐渡三大祭の一つです。

f:id:yottichan:20170706222544j:plain

ほかの2つの祭りは「両津七夕まつり・川開き」「小木港祭り」です。

佐渡の1番の花火大会は8月26日に行われる小木の花火大会で、アースセレブレーションと絡めて来島する人が多いのですが、下手すると宿が取れません。

鉱山祭花火の見どころ

花火自体は、500発と小規模ですが、今年で141回という伝統あるお祭り。

流刑地だったこともあり、佐渡には連綿と受け継がれてきた伝統芸能が残っています。

 

坂東玉三郎さんは「ここに古代の息吹が潜んでいることを肌で感じることがある」と佐渡の魅力を語っています。

 

鉱山祭で、その伝統芸能を目でみて感じることができます。肌で古代からのロマンを感じるため、毎年足を運ぶ人もいます。

 

 

f:id:yottichan:20170706222649j:plain

いまでは野生の朱鷺が見られることもめずらしくありません。

佐渡へ行くためには

佐渡に行くためにはフェリーに乗らないといけません。

f:id:yottichan:20170706221858j:plain

 ジェットホイルだと1時間くらいで到着しますが、普通のカーフェリーだと2時間半かかります。

新潟から東京まで新幹線で2時間かかりませんから、2時間半はやたら長く感じます。

しかし、年々減っている観光客を食い止めようと佐渡汽船はさまざまな工夫をしています。

例えば、佐渡おけさのレクチャー。

佐渡おけさの踊り方を教えてもらって、船内でみんなで輪になってで踊るんです。

 

私のイチオシは「カモメの餌やり」です。

f:id:yottichan:20170706222701j:plain

 

カーフェリーの甲板に出るとカモメが観光客から餌をもらおうとして近寄ってきます。

かなりの至近距離まで来るので、目が合うと怖いくらい。

 

かっぱえびせんを差し出すと、ヒューっとくちばしで加えて飛んでいきます。

食べ終わると、またもらおうとしてやってきます(^_^;) 

 

それを繰り返しているとあっという間に両津港に着いちゃう(笑)

なかなか都会では味わえないスリルとサスペンスじゃありませんか?

 

あまり仲良くなると、カモメさんの●ンを直撃ということもあるので、気をつけましょう。

佐渡と言えば鼓動。でも・・・

つい最近、テレビでも特集が組まれたので「鼓動」は有名ですよね。

8月末に行われるアースセレブレーションは、国内外から大勢の人が訪れます。

f:id:yottichan:20170706223037j:plain

www.kodo.or.jp

アースセレブレーションの開催時期以外は、佐渡には人が歩いていない、なんて言う人もいるぐらい(・・・笑えない)

新潟はイケメンが多い?

鼓動のメンバーは筋肉隆々の無骨なイメージですが、ほぼ全員、県外の男性。

だけど、新潟の男性は、食べ物のせいか「がたい」がたくましく、無口な人が多いので、都会の女性からすると新鮮らしいです。

 

佐渡に移住する女性も増えているのはそのせいでしょうか?