2017新潟花火大会の日程とおすすめスポット最新情報

2017 新潟の花火大会最新口コミ情報です。穴場のスポットや地元の人だけが知っているレストラン、イベントの開催日などをご紹介。デートで盛り上がる場所や駐車場のチェックポイントなども満載!お祭り気分で花火を楽しんで今年の夏もガンガン盛り上がろう!

関屋浜 海の花火大会は新潟っこに人気の海上花火大会

f:id:yottichan:20170704233530j:plain

関屋浜、金衛町といえば、新潟市民が海水浴デビューする新潟市内中心地の浜。

 

最近は、砂浜が減ったことで、遠くてきれいな海で海水浴をするのがトレンドのようですが、新潟市の中心にあって、すぐに行けて泳げる便利な海水浴場です。

 

関屋浜花火大会は2016年の来場者数が1万人、花火打上数も300発という、どちらかというとヒッソリとした花火大会なのですが、2001年の開催から年々、多く来場するようになり、警備が大変になったため、一時中止になった経緯があります。

 

地元住民の熱い要望に応えて再開された関屋浜花火大会は、開催時間40分という短さながら、新潟市ではめずらしい海上花火。

10キロくらい離れていてもポーン、ポーンという音がします。

最近では結婚式場でも花火を上げることが多いので、花火の音は慣れているはずなのに、花火大会の花火の音を聴くとワクワク、ソワソワするのはどうしてでしょうか?

関屋浜 海の花火大会

 

日時:2017年7月15日(土曜日)

※荒天の場合7月17日(月曜日・祝日)に開催

時間:19時30分~20時10分

会場:新潟市中央区関屋地内/関屋浜海水浴場

花火打上数:約300発

駐車場:なし

アクセス:JR新潟駅万代口バスターミナルより「松波町3丁目」下車、徒歩5分      JR越後線「白山駅」より徒歩で21分(1.7km)

関屋浜 海の花火大会 見どころ

小さい花火をゆっくりあげる地元住民中心の花火大会だけど、またそれがいい、という根強いファンもいます。

f:id:yottichan:20170704233704p:plain

水上花火といえば、平成8年まで鳥屋野潟花火大会で見ることができました。

ビッグスワンスタジアムの建設と、周辺エリアの開発のため鳥屋野潟花火大会がなくなって残念に思っていた方、 水中花火があるこの関屋浜花火大会を盛り上げていきましょう!

 

1口1万円で結婚や出産、誕生祝いなど自由なメッセージをアナウンスできるメモリアル花火はプレゼントとして喜ばれています。

 

観覧は無料ですが、大会当日は会場でカンパを呼びかけているそうですよ。

花火大会が終わった後に浜で線香花火をしたり、思い思い2017年の夏の始まりを楽しんでいます。

近隣のおすすめスポットは?

f:id:yottichan:20170704233431j:plain

関屋浜のすぐ近くに 日本海側最大の水族館「マリンピア日本海」があります。

イルカショーでおなじみのマリンピア日本海は5時までオープンしているので、クラゲやラッコを観てから花火を観るというコースはどうでしょう?

f:id:yottichan:20170704233831j:plain

花火大会終了後は、タクシーで市内中心部まで10分ぐらいなので繁華街へ繰り出すことも可能です。

関屋浜 海の花火大会へのアクセス

公共交通機関だと、新潟交通のバスになりますが、夜は便数が減ることもあり、利用者は少ないです。

 

ほとんどが西海岸公園の駐車場や、浜の駐車場に駐めて車から花火見物という家族連れやカップルばかり。

 

 一時、交通誘導の警備費用の問題で花火大会が中止になったことを考えると、車で行くのは控えたいのですが、なにせ新潟は車がないと動けません。

 

関屋浜花火大会がずっと続くようルールを守って楽しく花火観覧しましょう。