2017新潟花火大会の日程とおすすめスポット最新情報

2017 新潟の花火大会最新口コミ情報です。穴場のスポットや地元の人だけが知っているレストラン、イベントの開催日などをご紹介。デートで盛り上がる場所や駐車場のチェックポイントなども満載!お祭り気分で花火を楽しんで今年の夏もガンガン盛り上がろう!

2017年下越の花火大会

2017年 黒埼まつり花火大会の見どころと穴場スポット

黒埼といえば「くろさき茶豆」で、一番食べ頃の8月20日に黒埼まつり、そして花火大会が開催されます。 茶豆を食べながら花火観覧ってサイコーですよね! 2017年 黒埼まつり花火大会の概要 日時:2017年8月20日(日曜日) 時間:19時30分~20時30分 会場:新…

2017年 新潟まつり花火大会 台風5号の影響は? 風向きよっては見えない場所も!

2017年年8月5日(土)と8月6日(日)の二日間開催される新潟まつりの花火大会。 8月2日に梅雨明けしましたが、その後は、モーレツな暑さです。 5日も6日も晴れ時々曇りの予報です。花火大会は涼しいより、暑いほうが盛り上がりますが、あまり暑くなるの…

2017年聖籠夏まつり海上大花火大会の最新情報と見どころ

聖籠町は、新潟市の北部に位置している港のあるまち。 県内では田上町についで小さいまちで、子育て支援が手厚いなど、暮らしやすいまちとして有名です。 聖籠夏まつり海上大花火大会は、聖籠夏まつりの2日目のイベントで、花火打上前にビーチコンサートを行…

2017年 新潟まつり花火大会 席取りのマナーと駐車場情報

新潟まつりの花火大会は、52万人の来場者と長岡まつり大花火大会の半分なので、比較的、花火大会はゆっくりと見ることができます。 それでも、新潟市の人口が80万人ということを考えると、一部のエリアに集中してしまうので、新潟まつり開催期間は、市街地や…

2017年 両津七夕川開き 大花火大会の見どころと穴場スポット

両津七夕川開きは、1898年に佐渡の夷港が全国七港に指定されたことによる記念によって始まりました。 七夕と両津港開港を祝う祭りで両津の夷地区・湊地区の市街地を中心に8月7日~8日に開催されます。 花火大会は2日目の夜、両津港で打ち上げられる佐渡では…

2017年 新潟まつり花火大会 見どころとおすすめの穴場スポット

新潟まつりの花火は、2017年8月5日(土)と8月6日(日)の二日間開催されます。 新潟まつりは、8月4日金曜日、日本海側最大の大民謡流しに始まり、5日の住吉行列、6日の花火大会と、多彩なイベントが開催されます。 画像出典:http://spice.eplus.jp/art…

2017年 新潟まつり花火大会 ホテルの花火観覧プラン おすすめ5選

新潟まつりの花火は、2017年8月5日(土)と8月6日(日)の二日間開催されます。 画像出典:イープラス 数年前までは、一日開催だったので、花火鑑賞ディナーの予約はすぐに埋まってしまいましたが、花火が二日開催になってから予約しやすくなりました。 ホテ…

2017年村上市あらかわ大祭花火大会の見どころと穴場スポット

村上市あらかわ大祭花火大会は新潟県村上市荒川地区で夏恒例となっている「あらかわ大祭」の2日目に荒川河川敷で打ち上げられる花火大会。 地元はもちろん、村上や山形からも大勢の見物客が訪れる大祭&花火大会で、毎年、8月の第1週の金曜日、土曜日に開催…

2017年弥彦燈籠まつり奉祝花火大会の見どころ

弥彦神社は新潟県西蒲原郡弥彦村にある全国でも有名なパワースポットの神社として知られています。 弥彦神社周辺は、水がきれいな海として知られる角田浜と弥彦山があり、海と山のパワーがこの弥彦神社に集まっているように思えます。 地元では「おやひこさ…

2017年 佐渡鉱山祭の花火大会 夏休み旅行で佐渡に来てっちゃ!

佐渡島というとどういうイメージが持たれるでしょうか? 朱鷺や鼓動など、世界でも有名なものがたくさんあって、銀山は世界遺産登録を目指しています。 その佐渡の相川で夏休み初日7月22日~23日に鉱山祭・花火大会が開催されます。 日時:2017年7月23日(日…

関屋浜 海の花火大会は新潟っこに人気の海上花火大会

関屋浜、金衛町といえば、新潟市民が海水浴デビューする新潟市内中心地の浜。 最近は、砂浜が減ったことで、遠くてきれいな海で海水浴をするのがトレンドのようですが、新潟市の中心にあって、すぐに行けて泳げる便利な海水浴場です。 関屋浜花火大会は2016…